子供の歯並び(小児矯正)についてのお悩みやご質問は、お気軽にご相談ください。

トップ > 子どもの矯正

小児矯正を始める時期

child-orthodontic_img01

この時期の矯正治療は、歯並びをきれいに治すと同時に上顎と下顎の成長のバランスを整えてあげることが重要な時期です。上顎や下顎に成長促進する装置や成長抑制する装置を使用し、成長のバランスを整えてあげます。
小児矯正では、お口の状態により治療目標が異なります。
小児矯正は、開始する時期の違いによって一期治療と二期治療に分けることができ、一期治療は4~5歳の乳歯だけの時期から11歳くらいまでの永久歯と乳歯が混在している時期までの期間です。二期治療は生えそろった永久歯全体の噛み合わせを整えるための治療です。 二期治療はすべての永久歯の位置を整えるため、本格的な矯正装置による治療です。

 

一期治療について

child-orthodontic_img02

一期治療はまだ小さく柔軟なお子様の顎の成長を促進または抑制することによってバランスを整えることが目標です。このことでなるべく永久歯を抜かないで歯並びを整えることができます。
さらに、一期治療で顎の骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、二期治療そのものが必要ない場合もあります。一期治療を大きく分けて4~5歳の乳歯だけの時期と6歳から11・12歳までの乳歯と永久歯が混在する時期に分けられます。

 

■ 永久歯を抜歯する可能性が減ります

顎の幅を広げたり、成長を促す事により抜歯の可能性を減らす事ができます。(成長後矯正治療をした場合2~4本の永久歯抜歯が必要な場合でも小児期に矯正治療を行う事によって非抜歯となる可能性もあります。

■ 顎の左右のバランスが整います

顎骨の成長期において左右のバランスがくるった噛み合わせとなっている場合、偏咀嚼といって片方でばかり噛んでしまう事により、顔の左右のバランスが崩れることがあります。小児期は噛み合わせを改善することにより噛みやすくなり、顎の成長のバランスを整えることが出来ます。

■ 外科矯正の可能性が減少します

歯の生え変わりの時期に歯の傾きが原因で受け口、出っ歯、交叉咬合、開咬などになっている場合、放置する事により噛み合わせが悪化し、成長が止まる頃には顎の前後のずれが大きくなりすぎて顎の手術を併用した外科矯正が必要となることがあります。早めに噛み合わせを治す事により正しい成長バランスが可能となって手術の必要性が減ります。

■ 治療後の仕上がりが良くなります

歯を並べることができる歯槽骨の長さと、その歯槽骨に並ぶ歯の幅の総和に大きな差があり、いずれ抜歯が必要となるケースであっても、矯正治療の仕上がりが変わってきます。(顎の成長をバランスよく保つ事により、より良い仕上がりとなります。)

■ 固定装置を付ける期間が減少します

あらかじめ小児矯正時期に歯並びを改善する事により、本格矯正が必要となった時、治療期間を短くすることができます。

■ コンプレックスの解消

早めに目立つ部分の歯並びを改善してあげる事によって、からかいやいじめの対象となっている状態を改善します。コンプレックスを解消する事により、健全な精神発達の環境を整えてあげる事ができます。

二期治療(永久歯が生えそろった時期)

11・12歳以降で永久歯が生えそろってから行う、全顎的な矯正装置を用いて歯並びと噛み合わせを整える治療です。すべての不正咬合が治療対象になりますが、例外的にあまりにも骨格的に前後、左右などのバランスがずれてしまっている患者さんでは成長が止まるのを待って外科矯正を行う場合があります。