矯正歯科や小児歯科での、治療の流れをご説明致します。

トップ > 治療の流れ

矯正治療の流れ

初診・相談:60~90分

歯ならび、かみ合わせ、口元のどこが気になっているのかを個室のカウンセリングルームでゆっくりとお話を聞かせてください。口腔内所見、顔貌所見、問診などから現在の状態、現在もしくは将来的に矯正治療が必要であるか否かを説明します。治療が必要とされる場合には、治療の目的、矯正装置の説明、治療期間、治療費の概算などを説明します。お気軽にご相談ください。

精密検査:60~90分

レントゲン検査(側貌頭部Ⅹ線規格写真・正面頭部Ⅹ線規格写真・パノラマⅩ線写真)
口腔内写真
顔面写真
印象採得(歯型の採得)
必要に応じて、デンタルⅩ線写真、手根骨Ⅹ線写真を撮ることがあります。

診断:30~60分

精密検査の結果を基に、現在の患者様の骨格や歯の状態を詳細に説明し、治療法をお話します。患者様のご理解とご了承を得たうえで、最終的な治療法を決定します。その後、動的治療(歯やお口の中に装置を着けて歯を動かす治療)に入ります。

動的治療:30~90分

歯やお口の中に装置をつけて歯を動かす治療です。すべての装置がお口に装着できたら、およそ月1回装置の調整(30分~60分)をおこないます。

保定:30分

矯正歯科治療の目標は、機能的かつ審美的なかみ合わせを確立し、そのかみ合わせが長期にわたり安定した状態を維持することです。矯正治療によって移動した歯は元の位置に戻ろうとする傾向があり、この現象を最小限に止めておくのに「保定」が必要となります。保定期間は通常動的治療をおこなった期間と同じくらいです。自身で取り外しができる透明なマウスピースに似た装置なども選ぶことができます。保定期間に入ると、3か月~6か月に1回、歯の状態をチェックします。

矯正治療終了

保定期間が終わり歯ならびが安定したら、保定装置は必要がなくなります。以後はお口の中の定期的なメインテナンスをおこないます。

小児歯科の流れ

初診・相談:30~60分

小児歯科の良いところは、子供の口の中を幼児期から管理できるという点です。治療が不安で泣いてしまったりする時代から、少しずつ治療を理解しコミュニケーションがとれるようになるとき、そして小学校に入学して永久歯の交換期、中学生になり永久歯咬合が完成するとき、などと、長期にわたって子供の成長発育とかかわっていきます。ユウ矯正歯科・小児歯科では子供の患者さんが来院したら、治療のチェアーに座らせてすぐに口の中を診ることはなく、まず個室のカウンセリングルームでご両親や患者さん本人からゆっくりと丁寧にお話を聞かせてもらっています。

検査

レントゲン検査:歯の状態により、必要ならばデンタルⅩ線写真やパノラマⅩ線写真を撮影します。検査結果を基に、疾患の状態と原因、治療の必要性、治療の方法、治療しなければどうなるのか、治療時の痛み、治療後の修復処置について説明します。

治療

治療に不安がある子供には、いきなり治療を始めるのではなく、まずは歯科衛生士のお姉さんから歯の磨き方などを教えてもらい、徐々に慣れてきた頃に治療に移っていきます。また、ユウ矯正歯科・小児歯科では小児歯科専用の水平診療チェアーを用意しています。子供たちが普段家で寝る時みたいに自分で横になってもらい、治療を始めます。