小児歯科では、虫歯予防からブラッシング指導まで子供専門の治療や予防を行っております。

トップ > 小児歯科

小児歯科

pedodontia_img01

当院では保護者にとって安心できる小児歯科治療をおこなっています。一度御来院ください。無理やり治療をおこなうことはせず、子供さんが自分で治療を受けることができるまで時間をかけてゆっくりと接し、痛くない、怖くないという気持ちでご来院いただけることを目指しています。
また、障がいを持つお子様の口と歯の管理も定期的に行なっていますので、何でもご相談ください。 定期検診ではPMTC(専門家が行う歯面清掃)などの予防処置を中心に行い、さらには矯正歯科ならではの就学前からの早期歯科矯正治療による咬合育成にも力を注いでいます。

子供の虫歯予防

お子様に歯が生えてきたら定期検診をお勧めしております。
3歳児歯科検診時には、虫歯があるお子様は2割程度です。しかし、その後急速に奥歯や歯の間に虫歯ができてくる傾向が多く見られます。 虫歯や歯肉炎の予防には、ご自宅で行う歯磨きだけでは限界があります。そこで、専門家が行う歯面清掃(PMTC)やフッ素塗布、しーラントがお子様の虫歯や歯肉縁予防には効果的です。
また、虫歯がないお子様でも、全体の2割程度の子供たちしか、歯並びが綺麗に育ちません。歯の生え換わる時期から早めに対応してあげることにより、お子様のみならず、お父さんやお母さんの負担(精神的や経済的)も軽減されるケースが非常に多いのも事実です。 ですから、大切なお子様の歯を守るためにも是非、定期健診を利用していただきたいと考えております。

フッ素には大きく3つの働きがあり、子供たちの虫歯予防に効果的です。

歯の表面にフッ素を塗布することで、虫歯菌の酸で溶けにくい歯にします。お子様の生えたばかりの歯は柔らかく、虫歯になりやすいので、お子様の歯を虫歯菌の酸から保護することで虫歯予防に非常に効果的です。

pedodontia_img04

歯磨きをしていても、奥歯の溝は深いため、しっかり汚れが取れずに残ってしまうケースが多く見られます。シーラントで、磨き残しが起きやすい奥歯の溝をふさぐ事で、虫歯菌の付着を防ぎます。しかもシーラントには、フッ素も含まれていますので、シーラントにより奥歯の溝がふさがっている期間は、フッ素が歯に吸収されますので、歯も強くなります。

pedodontia_img02

専門スタッフによる、ブラッシング指導をしております。

赤ちゃんとお母さんのために

pedodontia_img06

赤ちゃんの歯を虫歯菌から守るには、お母さんのお口を清潔に保つことが非常に大切です。出産後のお母さんの体は、ホルモンにより様々な変化が起きます。お口の健康にも影響し、実は赤ちゃんにも大きく影響してしまいます。お母さん自身が、お口の中を清潔に保つことで、安心して赤ちゃんとスキンシップをとることができるでしょう。

ほとんどの場合、赤ちゃんは無菌状態で生まれてきます。
2~3歳頃までに、ゆっくりとお口の生態系が完成し、この期間に虫歯菌に感染してしまうと一生虫歯になりやすい歯になってしまうのです。歯菌の感染原因の多くはお母さんから伝わるケースが大半です。大切なお子様を虫歯で痛い思いをさせないためには、お母さん自身の口腔環境を整えていくことが大切と言えます。

妊産婦歯科検診(無料)

pedodontia_img05

妊娠中と出産後の計2回の検診が無料で受けられます。
妊娠すると、ホルモンバランスの変化や、つわりによる歯みがき不足により、歯肉に炎症が起きやすく、虫歯にもなりやすい口腔環境になります。また、歯周病の妊婦さんは、早産や低体重児出産の可能性が高まるとも報告されています。出産には、お母さんのお口の中の健康状態が、生まれてくる赤ちゃんに大きく影響しますので、可能な限り妊娠12週~27週頃に歯科健診を受けて下さい。